彼らは日本の法律と書類のプロフェッショナルです。

不動産売買の強い味方・司法書士の仕事

この不況の折、不動産や建物売却、購入など大きなお金を動かすのは不安に感じるのはもっともです。商売だったり、会社のお金だったりすると幾分楽かもしれません。しかしそれが自分の土地など身を削って作った資産だったりするといざという時、どうしても気後れしてしまうものです。

そんな時、日本には強い味方が存在します。それは司法書士です。今回は特に不動産取引に置いての司法書士の働きについて理解を深めましょう。

日本における商取引のほとんどは書面が必要です。それが高額な不動産取引になると、なおさらです。それにその書面も複雑な形式のものが依然として幅を効かせていて、シロウトはもちろんのこと、不動産に強い方であってもその隅々まで理解している人は少ないと思います。

それでもなぜ、日本においての土地取引が公正かつ厳正に行われているのでしょうか。それはその分野に強い専門家がいらっしゃるからです。その専門家が「司法書士」なのです。でも、普通に生活しているとなかなか接点はないですよね。新聞のチラシに入ってくる資格のチラシに時々大きく載ってるくらいでしょうか。

まず、司法書士さん。「書士」というくらいですから「書類の専門家」です。昔で言うと「代書屋」でしょうか。むずかしい書類を本人に代わって書き上げてくれるのです。そしてその前に冠されている「司法」という言葉。つまり法律の専門家です。簡単にいうならば、日本の法律にのっとって、きちんとした書類を作成してくれる業者の方です。なんと心強いのでしょう!

さて、今回は大きくわけて二つの事を調べてみましょう。まず、身近な法律家としての司法書士さんは私たちの暮らしとどのように関わってくるのでしょうか。さらに一歩進んで不動産登記の専門特化である司法書士さんの仕事を少し踏み込んで調べてみましょう。それでは日本の司法書士の世界へいざゆかん!

不動産売買の強い味方・司法書士の仕事

身近な法律家。司法書士は何をしてくれる?

私たちが「法」に従って生きる後ろ盾となってくれます。

不動産登記専門特化、司法書士の仕事を見てみよう

それは不動産を専門にあつかう司法書士さんのことです。

不動産売買の強い味方・司法書士の仕事身近な法律家。司法書士は何をしてくれる?不動産登記専門特化、司法書士の仕事を見てみようサイトマップ